これで完璧と思っていたスキンケアにも、隠れた落とし穴があった!

スキンケア

いつまでも若々しく見られたいから、コスメやスキンケアにはかなり気をつかっている。コスメのラインナップもしっかり充実させて、毎日欠かさず完璧なお手入れ。手抜きは一切しない。そんなあなたのコスメ使いにも、実は隠れた落とし穴があるのです。心当たりがある人は、今すぐに自分のやり方を変えてください。

それで完璧ですか?乾燥・紫外線・活性酸素防止のケアより必要なものとは?

お肌に最も悪い影響を及ぼすものとしては「乾燥」「紫外線」「活性酸素」だといわれています。

しかし、その他にも第4の隠れた原因が存在します。それは温度です。
温度が肌に与える影響は想像以上に大きいといわれています。寒くても暑くても肌の調子は悪くなったりします。人間の細胞が最も活発になるのは、体温とほぼ同じ37度、湿度50~60%のときなのです。これ以上でもこれ以下でも細胞の活動は衰えてしまいます。

乾燥・紫外線・活性酸素防止ケアに加えて、血流をよくして肌温度を高めていかないと細胞が生まれ変わるターンオーバーがうまくいかなくなります。
特にエアコンのきいた室内に長時間いる場合は、1週間に1回、週末の夜に集中的にケアすることをおススメします。

たっぷり塗っているのでスキンケアは完璧との思い込みとは

化粧水や乳液をたっぷり塗って、お肌にぐんぐん浸透させていくイメージはもう捨ててください。
スキンケアコスメを一度に大量につけても、すべてが肌に吸収されるわけではありません。

1回の吸収量には限界があります。ですので基本的なスキンケアの場合、1回の量を少なくして、その分回数を増やしてつけたほうが浸透率がよく、コスパの面からもおススメです。
たとえばコットンで化粧水をつける場合、ずっとパッティングしているのではなく、1回少量をつけたら、しばらく待ってから重ねづけをしていきます。

これを3回繰り返すと肌が3回分の化粧水を吸収します。

美容液などもいつもの量を半分に分けて、1回目がなじんだところで、残りの半分を塗るようにします。一度に大量に塗っても吸収されずに、肌に乗っているだけの状態ですから、小分けにする方法を使えば、成分も有効に作用してお得です。

また化粧水、美容液、乳液、クリームと順番に塗っていく場合、ほとんどの人が手早く済ませてしまいますが、これはとてももったいないことです。
ひとつのコスメをじっくりと浸透させてから、次のコスメをつけるようにすると、それぞれの効果を十分に発揮させることができます。効果がすべて出ないうちに次のコスメを重ねていくという無駄をしていませんか? 1分間ほどなじませてから、次のステップに移るようにしましょう。

その他にも手を温めてからコスメを手に取って、さらに体温を伝えてから、肌につけると浸透力も向上します。
安いコスメをふんだんに使うという方法もありますが、せっかくなら効果の高いコスメを無駄なく効率良く使いたいものです。

タイトルとURLをコピーしました