よく耳にするけど一体なに?知りたい!酵素の驚くべき力とは

酵素

「酵素ダイエット」や「酵素の力で汚れを落とす」など、コマーシャルやテレビ番組、ネットニュースなどでもよく耳にします。健康にもダイエットにも良いようですが、一体なんなのかはあまり知られていません。

酵素は自然界に3,000以上もあると言われています。それぞれに特性があり、また自分の働き以外のことはしないのが特徴です。実は比較的最近の1978年にその働きが解明されました。現在でも5大栄養素には含まれていません。しかし、最近の研究により人は酵素によって栄養を分解・吸収できるということがわかりました。つまり酵素あっての生命活動であり、酵素そのものが生きる力なのです。

今まで酵素は栄養が含まれるものさえ摂っていれば体中で自然にたくさん作られると思われてきました。しかし、研究によって各人が体内に持っている酵素の量が異なり、一生をかけて酵素を使っていくことがわかりました。この個人差がある酵素のことを潜在酵素といいます。

潜在酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」があります。また生野菜や果物などに含まれる食物が持つ酵素を「食物酵素」と言います。

消化酵素は体内に存在し、食物を消化して栄養として取り込む酵素です。各酵素には所定の場所があります。有名なものが、だ液の中にあるアミラーゼと呼ぶ消化酵素です。つまりしっかり噛むことで消化酵素が食物をデンプンに変えます。これが胃腸の負担を軽減します。よく噛んで食べると満腹感を味わえるため、健康に良いと言われる腹八分目に抑えます。いつでも消化酵素が十分に活力のある状態にするには、毎日外に出て日光を浴びながら散歩やウォーキングなどをするのが効果的です。セロトニンと呼ぶストレスを緩和させる脳内物質が正常に働き、それに伴って消化酵素本来の働きができます。

次は代謝酵素で、出所は消化酵素と同じです。また新陳代謝を活発にさせるのが代謝酵素の主な働きです。人間に最も大切ともいえる排泄をスムーズにするのも代謝酵素です。その他、体内の毒素を汗や尿の中に排出します。また自然治癒力や免疫力も代謝酵素の働きによるものです。脳で物を考える時にも使います。つまり、健康な毎日を送るには代謝酵素が不可欠です。ダイエットをしたい時は、お腹に食物が入っていない空腹時に有酸素運動をすると消化のための酵素が代謝に回されて脂肪の燃焼に効果があります。

酵素の無駄遣いをやめ、食物酵素を賢く使う

体内にある潜在酵素以外には食物酵素があります。これは野菜や果物など生で食べられるものや、魚介類などに多く含まれています。いま流行しているのがこの食物酵素を取り入れる酵素ダイエットです。野菜や果物をミキサーでジュースにして飲むスムージーや、ミネラルウォーターに野菜や果物をスライスしたものを入れたデトックスウォーターは、酵素の力を取り入れたダイエット法です。すりつぶした方が消化酵素を無駄に使わずにすむので、吸収が良いと言われています。代表的な例は大根おろし、りんご、生姜などです。また食物酵素は熱に弱いのでそのままで摂取するか、熱くても70℃位で取りましょう。

食物酵素は日本食を代表する発酵食品の漬物、味噌、納豆などに多く含まれています。発酵食品を摂ることで腸内環境が整い、体内に摂り入れやすくなります。酢との相性も良く、寿司や生の果物をたくさん食べても、すぐにすっきりするのは食物酵素が多く働くからです。和食中心の食事を3食食べることで食物酵素を大量に摂取でき、体内の消化酵素を無駄に使わないですみます。ダイエットを希望する場合は、玉ねぎ、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、キウイフルーツなどがオススメです。これらに含まれるタンパク質分解酵素が筋肉を作り、脂肪を燃焼しやすくします。

私たちの体に不可決な存在である「酵素」。生き生きと元気な生活を送るのにとても大切です。自分の体内の潜在酵素に感謝し、食物酵素の多い食品を選び、よく噛んで食べると健康な毎日を送れます。是非とも実践してみてください。

「酵素ダイエット」「酵素の力で汚れを落とす」。コマーシャルやテレビ番組、ネットのニュースでもよく耳にします。とにかく健康にもダイエットにも良さそうではありますが、一体どういうものなのかはあまりよく知られていません。

酵素は、私たち人間も含めた自然界に3,000以上もあると言われています。それぞれに特性があり、又、自分の働き以外の事はしないのが特徴です。実は比較的最近の1978年にその働きが解明されました。今でも5大栄養素の中には含まれていません。しかし、近年の研究で人は酵素によって栄養を分解、吸収できるのだということがわかりました。つまり酵素あっての生命活動で酵素そのものが生きる力なのです。

今まで酵素は栄養のあるものさえ取っていれば体の中で自然と沢山作られると信じられていました。しかし、研究により人それぞれ体内に持っている酵素の量は異なり、一生をかけてこの酵素を使っていく事が判明しました。この個人差のある酵素のことを潜在酵素といいます。

潜在酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」があります。また生野菜や果物などに含まれる食物が持つ酵素を「食物酵素」といます。

消化酵素は体内にあり、食物を消化して栄養として取り込む酵素です。各酵素には所定の場所があります。有名なのが、だ液の中にあるアミラーゼと言う消化酵素です。つまりたくさん噛むことで消化酵素が食物をデンプンに変えます。これが胃腸の負担を軽くします。よく噛んで食べると満腹感を味わえる為、健康に良いと言われる腹八分目に抑えます。いつでも消化酵素が十分に活力のある状態にするためには、毎日外に出て日光を浴びながらするウォーキング等をするのが効果的です。セロトニンと言うストレスを緩和させる脳内物質が正常に働き、それに伴って消化酵素本来の働きが出来ます。

次は代謝酵素です。出所は消化酵素と同じです。新陳代謝を活発にさせるのが代謝酵素の主な働きです。人間に最も大切ともいえる排泄をスムーズにするのも代謝酵素です。その他、体内の毒素を汗や尿の中に排出します。また自然治癒力や免疫力も代謝酵素の働きによるものです。脳で物を考える時にも使います。つまり、健康な毎日を送るためには代謝酵素が不可欠です。ダイエットをしたい時は、お腹に食べ物が何も入っていない空腹時に有酸素運動をすると消化のための酵素が代謝に回され脂肪燃焼に効果があります。

やめよう酵素の無駄遣い!食物酵素を賢く使う

体内にある潜在酵素以外には食物酵素があります。これは、野菜や果物など生で食べられるものや魚介類などに多く含まれています。巷で流行っているのがこの食物酵素を取り入れる酵素ダイエットです。野菜や果物をミキサーでジュースにして飲むスムージーや、ミネラルウォーターに野菜や果物をスライスしたものを入れたデトックスウォーターは酵素の力を取り入れたダイエット法です。すりつぶした方が消化酵素を無駄に使わずに済むので、吸収が良いと言われています。代表的な例は大根のおろし、りんご、生姜などです。また食物酵素は熱に弱いのでそのままで摂取するか、熱くても70度位で取りましょう。

食物酵素は日本食の代表でもある、発酵食品の味噌、納豆、漬物などに多く含まれています。発酵食品を摂る事で腸内環境を整え、カラダに取り入れ易くします。酢との相性も良く、お寿司や生の果物をたくさん食べてもすぐにすっきりするのは食物酵素がたくさん働くからです。和食中心の食事を3食食べる事で食物酵素を大量に摂取でき、体内の消化酵素を無駄に使わないで済みます。ダイエットを希望する場合は、玉ねぎ、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、キウイフルーツなどがオススメです。これらに含まれるタンパク質分解酵素が筋肉を作り、脂肪を燃えやすくします。

私たちの体に不可決な存在、「酵素」。生き生きと元気な生活にとても大切です。自分の中の潜在酵素に感謝し、食物酵素の多い食品を選んで、よく噛んで食べると健康な毎日を送れます。是非、実践してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました