膝の黒ずみ原因、気になりませんか?膝が黒ずんでしまう原因とは?

ミニスカートをはいたとき、水着になったとき、女性が意外と気になるのが膝ではないでしょうか?

脚や腕などの肌の色に比べて、膝の色がくすんでいる女性って実は多いのです!

膝の色がくすんでいると、どんなにキレイな服装をしていても気になって仕方ないですよね。
では、膝が黒ずんでしまう原因とは何だと思いますか?

そもそも膝や肘もそうですが、関節は常に動かしますよね。

ですから、皮膚が伸縮するため、もともと黒っぽく見えやすい部分なのです。

真っ直ぐに伸ばすと黒ずんで見えるけど、膝を曲げるとそうでもなかったりしますよね。

しかし、黒ずみが起こりやすい場所であるということは否めません。

その理由としては、膝は、体の中でも皮脂腺が少ない場所なのです。

皮脂や汗がほとんどでないということは、その分うるおいがなく、刺激に対してとても弱いのです。

ですから、脚を組んだり、膝がこすれる動きを繰り返すだけで肌が刺激され、色素沈着を起こしてしまうのです。

膝の黒ずみをケアするには?

黒ずみになってしまった部分というのは、皮膚が硬くなっていることが多いです。

皮膚が硬くなればなるほど黒ずみは進行していきます。

ですから、膝を柔らかくすることが大切です。膝を柔らかくするにはまずは湯船にしっかりと浸かる必要があります。

柔らかくなった膝をスクラブなで優しくマッサージしてあげましょう。

激しくこすると刺激が強いので、撫でるように優しくですよ。

スクラブマッサージはやりすぎると逆効果ですので月に1~2回を限度に行いましょう。
また、日々のケアとしては入浴後、お肌のスキンケアと同じように化粧水で保湿し、クリームなどで蓋をしてあげて下さい。

黒ずみケアは、黒ずみが出来ないようにすることも重要です。

日常生活の中で膝の黒ずみが出来てしまう習慣を取り入れていませんか?

例えばサイズにあっていないキツすぎるデニムなどは履いていませんか?

それ以外にも、床に膝をつくことが習慣になっていたり、入浴時にナイロンのタオルで膝を拭くことも膝には刺激になっています。

タオルは綿を使うようにしたり、泡を立てて素手で優しく洗ってあげて下さい。
こうした小さな習慣に気をつけることで、膝の黒ずみを悪化させることを防ぐことができます。

キレイな膝をつくると、脚ももっと綺麗に見えますよ!
膝の黒ずみを薄くして、美脚を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました