腰痛が「あのポーズ」で治る!?

 全国に1300万人以上もいるといわれる腰痛持ち。病気が原因でないものなら、安静にしていればある程度は回復するものの、安静にしている間に患部周辺の筋力が衰え、クセになることも多いといいます。

 最悪の場合、手術となりますが、実は腰痛の手術には、さまざまな副作用や限界があります。

 セルフケアとして、数多くの腰痛体操やストレッチなどが考案されていますが、なかなか続けられないのが実状のよう。
 そんななか、「あのポーズ」をとるだけで、腰痛が次々とよくなっていると大きな話題を呼んでいます。

「あのポーズ」と聞いて、今年の流行語大賞のトップ10に入った「五郎丸ポーズ」を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか。惜しい! 五郎丸ポーズのままひざを徐々に曲げて、最後には腰を完全に下ろし、組んだ両手をほどいてダランとさせてください。そう、そのポーズとは、ズバリ「ヤンキー座り」です。

 ヤンキー座りといえば、コンビニの前などにたむろする、いわゆるヤンキーたちの座り方として、あまりにも有名。このポーズがなぜ腰痛に効くのでしょうか?

 人間の背骨を横から見ると、ゆるいS字形のカーブを描いています。二足歩行をする人間にとって、このカーブは頭の重みを分散させる重要な働きをしています。ところが、ネコ背などによってこのS字カーブがくずれると、腰の筋肉に負担がかかって腰痛が起こります。

 ここでいう腰の筋肉とは、頭部から腰までを結ぶ腸肋筋・最長筋・棘筋の集合体である「脊柱起立筋」を指します。

 ひざと股関節を曲げ、お尻を落として前かがみになるヤンキー座りは、脊柱起立筋が最も伸ばされるポーズです。このポーズにより、硬くなって縮んでいた脊柱起立筋が伸びれば、自然と腰痛が消えていくというわけです。

 ヤンキー座りのポーズをとって、腰の周辺をげんこつでこすれば、さらに効果的です。

 このヤンキー座りのポーズは医療機関でも採り入れられており、さまざまなタイプの腰痛が改善していると大評判になっています。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました