タイプ別毛穴対策。上手なコスメの選び方

メイク

まるでイチゴのようにぽつぽつと黒ずんだ毛穴、ニキビの毛穴、たるんだ毛穴、さまざまな毛穴のトラブルに悩む人もいるでしょう。毛穴のトラブルのケア方法は、その毛穴の状態によって変わってきます。毛穴のトラブルのなかでも代表的な3つに分類して、タイプ別の原因とコスメを選ぶ際のポイントをご紹介します。

汚れがつまった毛穴
原因はほこりや古い角質、酸化した皮脂、落としきれていなかったメイクの汚れです。この毛穴つまりを何とかしようとして顔を洗うときにゴシゴシ洗ったり、しょっちゅうパックをしたり、鼻の角栓を爪などで、押し出して取ろうとして肌を傷つけたり、肌に必要な角質まではがしてしまいます。
この汚れがつまった毛穴というのはターンオーバーが乱れたことにより、肌に残った古い角質が、皮脂と混ざって毛穴をふさいでしまいます。まずはターンオーバーを正常に戻してくれる成分を含んだコスメを選びましょう。AHAなどのピーリング成分が配合されたコスメや薬用炭が配合されているコスメを使うと、過剰な皮脂を優しく取り除いてくれます。

たるんだ毛穴
年齢とともに毛穴もたるんでしまいます。ちょうど開いた毛穴が重力の重みで楕円形のような涙型の毛穴に開いて元に戻らなくなってしまうのです。このたるんだ毛穴の主な原因は真皮のコラーゲンやエラスチンが不足したため、保水力が弱まってしまって、細胞自体が毛穴を支えきれなくなってしまったからです。
たるんだ毛穴に効果的なのはビタミンC配合のコスメです。ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きがあることで知られています。ただし、ビタミンCは構成が不安定で、すぐに変質してしまったり、肌からの吸収が悪いなどの点があります。そのため改良されたビタミンC誘導体を使ったコスメをおススメします。成分表示としては「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表示されています。

帯状毛穴
シワの原因にもなるため注意したい毛穴の状態です。乾燥や逆に皮脂の過剰分泌によって開いた毛穴がたるんで、毛穴同士が小じわで結ばれてしまうことで起こる状態です。主に脂症の人に多くみられる状態です。だからといって過剰な洗顔を続けていると、逆に皮膚は「足りない」と判断してもっと皮脂を出し続けます。皮脂が多くても、必ず保湿ケアは必要です。
帯状毛穴に効果のあるコスメはセラミド・ヒアルロン酸・トレハロースなどの糖類を配合されたものが適しています。これらの成分は水分を含んで肌の表面をうるおしてくれて保湿ケアをしてくれます。

写真出典:photoAC
http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2&srt=dlrank

コメント

タイトルとURLをコピーしました