あなたは間違ってる!?正しいシャンプーのステップを教えます!

ヘアケア

頭皮を清潔に保つことは健康な髪を育てるための基本です。

ところが、誤った認識でシャンプーをしている人も少なくありません。いつものシャンプーの仕方が間違えていないか、ここでもう一度振り返ってみましょう。

健やかな髪を守るためのシャンプーが実はダメージの元凶だったということも。できる限りダメージを与えないシャンプー方法をご紹介します。

これが正しいシャンプーのステップ

シャンプーは単に髪を洗うだけのものではありません。
同時に頭皮を洗うことがヘアケアの面でも重要です。特にシャンプー前のすすぎをきちんと行うことで、汚れのほとんどが落とせます。そのためシャンプーの量は少量で済むので、髪や頭皮への負担も最小限に抑えることができます。

①髪を濡らす前にブラッシング
乾いている髪を毛先のもつれをほぐしながらゆっくりブラッシングしましょう。
髪や頭皮に付いたほこりや汚れを落とし、シャンプーの時の髪の絡みをなくすのが目的です。ブラシは豚毛などの自然素材のものがいいでしょう。

②ぬるま湯ですすぎ洗い
ぬるま湯で髪全体を湿らせ、地肌から髪の根元、毛先まで順番にすすぎ洗いします。
最低でも1~2分くらいかけて髪の汚れを洗い流しましょう。この予洗いをきちんと行うことで、髪の汚れのほとんどを洗い流すことができ、シャンプー剤の量も少なくて済みます。

③シャンプーを手に取って軽く泡立てる
セミロングの場合は大体500円玉硬化くらいの量のシャンプー剤を手に取ります。
それを手のひら全体にのばし、お湯となじませながら軽く泡立てます。髪全体にまんべんなく塗って、一か所に集中させないようにしましょう。毛先も含め髪を使って大きく泡立てていきます。

④マッサージをしながら頭皮を先に洗う
頭皮を意識して洗いましょう。指の腹で円を描くようにマッサージをしながらしっかりと洗います。特に耳の周りは頭全体の血行を良くするツボが集中しているので念入りにマッサージしましょう。
力を入れたり、爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

⑤髪の毛全体を包み込むように洗う
頭皮を洗った後は、泡を下に落とすような感じで髪全体に広げていきます。毛先までもみ洗いしていきましょう。
キューティクルが剥がれないように力を入れずに優しくもみほぐします。毛先は特に痛みやすいので泡をなじませてこすらないように注意しましょう。

⑥シャンプー剤をしっかりと洗い流す
シャンプー剤のヌルつきがなくなるまでしっかり落としましょう。特に髪の根元にはシャンプー剤が残りやすいので地肌をしっかりとこすり洗いし、耳の後ろや生え際も忘れないように。
リンスやコンディショナーも髪全体になじませたら、すぐにヌルつきがなくなるまでしっかりと洗い流しましょう。

⑦洗髪後はすぐにタオルドライ
塗れた髪はキューティクルが剥がれやすい状態です。毛先をタオルで挟んで、両手で押し付けるようにして水分をとります。
次に髪全体をタオルで軽く包んで水気をとったあと、地肌の水分を拭き取ります。

⑧自然乾燥はダメ。しっかりとドライヤーでヘアブローを
髪を持ち上げて、頭皮をドライヤーで乾かした後、髪全体をブローしましょう。
濡れたままにすると頭皮に雑菌が繁殖してフケやにおいの原因になります。

タイトルとURLをコピーしました