普通のシャンプーとは違う!ノンシリコンシャンプーの効果とは!?

ヘアケア

ノンシリコンシャンプーという言葉が広く使われるようになり、ノンシリコンのシャンプーを愛用している!という人も、少なくありませんよね。
そんなノンシリコンシャンプーですが、詳しい成分を理解している人は、ほとんどいないのではないのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーの成分とは何なのか?
そして、ノンシリコンシャンプーは本当に髪の毛にいいのかどうか?
詳しく見てみましょう。

シリコンとは?

シリコンとは、分かりやすく言えば髪の毛をコーティングする成分です。
シリコンが入っているシャンプーは、髪の毛をコーティングしてくれますので、洗い上がりも髪の毛がまとまって、潤いを逃しません。

シリコンシャンプーは日本で長い間流通し、薬局やドラッグストアで売られているシャンプーのほとんどはシリコンシャンプーでした。
しかし、最近になり、そのシリコンが避けられるようになりました。

シリコンのコーティング剤は確かに髪の毛に潤いを与えますが、使うたびにシリコン剤が頭皮に詰まって、炎症を起こしたり頭皮汚れ・臭いの原因になると言われ始めたのです。

シリコンシャンプーは良くないという噂が徐々に流れ始めて、髪の毛にいい「ノンシリコンシャンプー」と呼ばれるものが、流通するようになりました。

ノンシリコンは本当にいいの?

コーティング剤であるシリコンが入っていないシャンプーは、キシキシになってしまそう、と想像する方も多いかもしれませんね。
しかし、そもそもシャンプーとは髪の毛や頭皮の汚れを落とすもの。

髪の毛をコーティングするのはコンディショナーやトリートメントの役割です。
ですので、本来シャンプーにシリコンは必要ないのです。

シリコン自体が悪いのではなく、シャンプーに入っているから悪いとなるわけですね。
ノンシリコンシャンプーにはコーティング剤が入っていないものが多いので、シャンプー後のコンディショナーやトリートメントは必須となるでしょう。

ただ、シャンプーで汚れをきちんと洗い流した後、トリートメント剤は非常に浸透しやすいので、ノンシリコンシャンプーとトリートメント剤の組み合わせはとてもおすすめです。

「ノンシリコン」と記載されていても注意が必要

そんな、頭皮に優しいノンシリコンシャンプーですが、「ノンシリコン」となっているだけで、シリコン以外のコーティング剤が入っているものも多く出回っています。

界面活性剤なども入っていますし、ノンシリコンだから安心、というわけではありません。
なかなか判断するのは難しいのですが、シャンプーを購入する際には成分表を見てみましょう。

合成洗浄成分というものよりは、アミノ酸系のものが頭皮には優しいとされています。
また、硫酸・メチコンという記載があるものも避けましょう

これらはコーティング剤だったりしますので、ノンシリコンであっても避けておきたい成分です。

ノンシリコンシャンプーを選ぶのも大切ですが、シャンプー前の前洗いや、あわ立て、そして丁寧なすすぎをすることも、頭皮や髪の毛を健康に保つ上で必要なことです。

タイトルとURLをコピーしました