重ね厚塗りは厳禁!お悩み解決のメイク方法

メイク

コンプレックスをカバーするというと、上に何かをのせてカバーするというイメージがあるかもしれません。
しかし根本的な解決法はメイク以前にあることも多いのです。

さまざまな悩み解決をご紹介していきましょう。

イチゴ毛穴が気になる

ぽつぽつと鼻の頭の毛穴に目立つ黒い汚れは気になります。

これは、皮脂や古い角質が毛穴に詰まり、空気に触れる表面が酸化して黒ずんでしまったものです。
これはメイクを重ねてもなかなか隠しにくいので、根本から改善しなくてはなりません。
このイチゴ毛穴は、過剰な皮脂とつまった汚れが黒ずみのもとになっていますから、その汚れを取り除くことが先決です。
そのあとは過剰な皮脂が出なくても済むように正しい保湿を心がけましょう。

頬の乾燥毛穴が気になる

エアコンなどの空調がきいた部屋に長い間いると肌がどうしても乾燥気味になってしまいます。このようなときには、まず肌表面の角質を柔らかく、ふっくらさせることが先決です。
角質がうるおうと、美容液の浸透がよくなり、保湿効果が高まるからです。

特別な高価なシートマスクを買わなくても、手持ちのアイテムで手軽に保湿ができます。それがコットンを使ったパックです。

その方法は

①切りっぱなしの大判コットンにしっとりタイプの化粧水をひたひたに含ませて端から2枚に裂いておきます。

②乾燥毛穴が気になる頬にコットンを貼り付けます。
乾燥シワができやすい目の際までガードして5分間パックします。

③コットンをはがして柔らかくなった肌に、美容液や乳液をたっぷりと含ませます。
5分以上なじませてから下地を塗るようにすると毛穴が目立たなくメイクが仕上がります。

陥没毛穴が気になる

軽いニキビの跡など、かなり近づかなければ見えないくらいの陥没毛穴でも、毎日メイクするたび気になってしまうものです。
どうしても気になる人は、専用の毛穴カバー下地を使うといいでしょう。毛穴のへこみをカバーするシリコンタイプのものや、毛穴に入る光をコントロールするものがおススメです。

隠したいという気持ちが強くなると、重ね塗りになりやすく、化粧崩れの原因になるので薄くなじませるのがきれいに仕上げるポイントです。

気になる毛穴があるところを中心に、専用のカバー下地を薄く伸ばします。量をつけすぎると逆に目立ってしまうので、米粒大位から少しずつ、肌になじませていきます。

毛穴カバーは肌との一体感が何よりも大切です。肌と下地との境目をフラットになるまでなじませます。表面にデコボコがなくなったことを確認しましょう。

コンプレックスを解消して、日々のメイクを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました