飲むだけじゃない!ルイボスティーでヘアケア!

ヘアケア

みなさんはいつも、どんなものを飲んでいますか?

コーヒー、紅茶、緑茶、ジュース、ハトムギ茶などを冷蔵庫で冷やして飲んでいる人も多いかもしれませんね。

今回は、お茶の中でも「ルイボスティー」を紹介したいと思います。

ルイボスティーとは

「ルイボスティー」は抗ウィルス作用があるのではないかと近年注目されています。
最近の実験ではエイズウィルスなどにも効果がみられたようです。なかなかすごいお茶ですね。

南アフリカなどで栽培されているマメ科の植物です。

「ルイボスティー」にはカフェインが入っていませんので、カフェインが苦手な方や妊婦さんや授乳中の女性などにもおススメです。

コーヒーなどは夜に飲むと目が覚めて眠れないようなこともあるかもしれませんが、カフェインが入っていないこのお茶なら夜などにも飲めますね。

また、ルイボスティーは大変ミネラルが豊富で活性酸素を抑えるような作用も期待できます。アンチエイジングや細胞を若返らせるような効果も期待できるとのことで、「若返りのお茶」と呼ぶ人もいるようです。

美容だけではないルイボスティーの効果とは!

このようにさまざまな効果が期待できる「ルイボスティー」ですが、飲むだけではなく、今回はヘアケアにも使ってみたいと思います。

【ルイボスティーのヘアケアウォーター】
<材料>
・ルイボスティーの茶葉 大さじ1
・グリセリン      小さじ1
・精製水        50ml
・水道水        450ml

<その他 用意するもの>
・茶こし
・密閉容器(熱湯消毒しておく)

1.まず、普通の水道水を沸騰させます。沸騰したところにルイボスティーの茶葉大さじ1を入れて弱火で10~15分ほど煮出しましょう。

2.茶こしでこしてから常温になるまで冷まします。

3.熱湯消毒した密閉容器に、冷ましたルイボスティー、グリセリン小さじ1、精製水を入れで良く混ぜます。

4.冷暗所で保存しましょう。
使うときにはお好みで、スプレー容器などにうつして使っても良いでしょう。

<使い方>
シャンプー後の清潔にした髪の毛に使います。
ドライヤーで乾かす前に、このヘアケアウォーター適量を手に取って、地肌や髪につけましょう。

頭皮を軽くマッサージしながらなじませていきましょう。

<注意事項>
使う前に、二の腕の内側などの目立たないところでパッチテストをおこないましょう。
(まれに肌に合わない人もいますので合わない場合は使わないようにしてください。)

また、ルイボスティーは着色しやすいので、洋服につかないように気を付けながら使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました