大丈夫ですかその化粧品?知っておきたいコスメの消費期限

コスメ

夏を目前に、本格的に夏用の化粧品に変えている方も多いのではないでしょうか? 

季節に合わせて化粧品を変えるのはとってもいいこと。
ですがその化粧品、去年開封したものだったりしませんか…?

ファンデーションやマスカラ、チーク、口紅など、いわゆるコスメと言われる化粧品は、なんとなく使い切るものだと思ってしまいがち。
けれどもコスメにも消費期限は存在するのです! 

今回は、普段意識しにくい化粧品の消費期限についてお送りします。

一般的な消費期限は3年

未開封で3年以上の品質が保持できる化粧品は、製造日も消費期限も記載をしなくていいということが薬事法で定められており、ほとんどの化粧品には何も記載がありません。けれども未開封の化粧品は、一般的には製造から約3年間が消費期限とされています。また、開封後は、酸化や細菌の繁殖によるトラブルを防ぐため、長くても半年までの使用が推奨されています。

開封後のアイテム別消費期限

・下地、ファンデーション
使用期間は半年以内。夏と冬などシーズンごとにタイプの違うものに変えている方は問題ありません。

・マスカラ、アイライナー
繁殖した菌による目のトラブルを防ぐためにも、3か月以内に使い切るのが理想。

・アイシャドウ
複数色のパレットなどは難しいかもしれませんが、1年以内の使用を。さらにチップやブラシは1週間に1度くらいの頻度で洗ったり交換するとよいでしょう。

・口紅、グロス、リップクリーム
唇につけるものは体内に直接入る可能性があるため、使用には注意を払いたいところ。半年以内での使用を心がけましょう。

・チーク
ファンデーションの上から使用することがほとんどのため、コスメの中では比較的長い2年間。ただしクリームタイプは酸化しやすいので、早めに使い切るようにしましょう。

・日焼け止め
ただでさえ刺激の強い日焼け止め。肌に負担をかけないためにも半年以内の使用がベター。時間が経つと効果も弱くなるので、去年の残りを使うなどもってのほかですよ!

いかがでしたか? 

手持ちのメイク用品の中には使い切る前に消費期限を迎えてしまう物があったり、高価な物だと使用期限が過ぎたら処分してしまうのは金銭的にも苦しい、という場合もあるかもしれませんが、顔に美しさを施すメイク用品でトラブルを招いてしまっては本末転倒。

使用期限を意識して、上手に化粧品を使っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました