プチプラコスメを使い分ける

最近ではコンビニや100円ショップでもコスメが購入できるようになりました。しかもその品揃えは目を見張るものがあります。100円ショップでスキンケアからメイクアップコスメまですべてそろえられる時代です。このような低価格のコスメをプチプライス、いわゆるプチプラコスメとして若い女性を中心にその使いこなし方などがネットで紹介されたりしています。

そうかと思えば、1点何万円もするような高級クリームが発売になってお金持ちのマダム達が買い求めています。このようなコスメの価格差はいったい何なのでしょうか

 

 

満足感で女性は美しくなれる

プチプラコスメも単に値段が安いだけでは売れない時代になってきました。プチプラコスメも成分や使い心地が悪ければすぐに見向きもされなくなります。化粧品製造メーカーもその点は敏感ですからレベルもかなりアップしてきており、いわゆる中間層といわれる3000円~5000円くらいのミドルクラスの化粧品と品質的にもそれほど大差がなくなってきました。それではプチプラでも十分かというと、化粧品は中身の機能や成分だけが効果に現れるわけではないという点に注目しなければなりません。

化粧品の大きな効能は、「私は今、あの有名ブランドの化粧品を使っているんだ」という満足感と実感です。やはり値段の高い化粧品は、そのパッケージのデザイン、香り、テクスチャーのどれをとっても超一流。その化粧品を手に取るたびに女性は美しくなっていくといってもいいでしょう。「コスメならなんでも同じ。どうせなら安い方がいい」と思っている人もいますが、やはり使いどころを考えてコスメ選びをするとメイクにも張り合いが出ます。

 

流すものはプチプラ、補うものはちょっと高め

ではコスメ選びにどのようなメリハリをつけたらいいのでしょうか。お金があれば、すべて最高級品を使えばいいのですが、それは夢のまた夢。最も経済的で、しかも効果が期待できるコスメの選び方は洗顔料など洗い流すものはプチプラ、保湿関係の化粧水や美容液などはちょっと頑張ってミドルクラスというものです。

一番いけないのは、高い化粧品だからといって、ちびちび使うこと。これでは高いコスメを使う意味がありません、やはり適量を守らなければ効果はないのです。高価なコスメをちびちび使うくらいなら、化粧水などプチプラに変えてじゃぶじゃぶ使ったほうが肌にとっては効果があります。

このようにプチプラコスメのいいところをわかったうえで、ちょっと贅沢なアイテムを加えてみると、より充実したコスメライフが楽しめます。