男性受けの良いナチュラルメイクはどんなメイク方法?仕上げるポイントは?




女性の皆さんは外出される際、メイクを欠かさず行っていると思います。

そのメイクは人によって様々ですが、メイクをしないで出かけると言うのは少数派でしょう。

そんな中、現在男性受けしているメイク方法があります。

それが「ナチュラルメイク」と呼ばれているメイク方法です!

ではナチュラルメイクと言うのがどんなメイク方法なのかを紹介していきます。

■1:ナチュラルメイクはどんなメイク?

ナチュラルメイクと言うのは、メイクをしていますが第三者から見て「本当にメイクをしているの?」と思われるほど自然に見えてしまうメイク方法の事を言います。

かと言ってメイクを怠っている訳ではなく、自身の肌を自然に見せるためにメイク方法も工夫が必要になってくるのです。

そのため「ナチュラルメイクなんだからメイクは少しで良いや!」と言う事ではないので誤解をしないようにしましょう。

■2:アイメイクは盛りすぎず自然に見せましょう。

それではまず最初に「アイメイク」から見ていきましょう!

アイメイクでやっていけないのが「盛りすぎる」事です。

パンダのようなアイメイクにしては、ナチュラルではないため男性からも「やりすぎだろ…」と思われてしまいます!

そのためアイシャドウは肌に近いベージュやブラウンまでの範囲に、アイライナーも同様に肌に近いベージュ系が良いでしょう。

付けまつげをされる人は、あまりにも長すぎると先ほど同様に「盛りすぎ」になりますので、自然な毛量のタイプを選択しましょう。

■3:肌全体のベースは厚化粧にならないようにしましょう!

次は顔の肌全体です。

肌全体を明るく見せるためにファンデーションの厚塗りやコンシーラーの付けすぎはいけません。自分自身で「よし完璧!」と思っても男性から見れば「はりきりすぎてるな…」「化粧臭い…」と感じられてしまいます!

肌全体はファンデーション・コンシーラー等をバランスよく活用していくのがポイントになります。確かに頬の赤みや目の下のくま、肌のくすみを抑えたい気持ちは分かります。

ですがやりすぎると、男性から見た印象が悪くなるためやりすぎだけは注意しましょう。

■4:リップは派手すぎず自然な口元にしましょう

最後にリップ部分を紹介します。

リップ部分は人によって濃い色や薄い色と分かれますが、ナチュラルメイクを目指すのであれば自然な「ピンクベージュ」を目指してみましょう。

ピンクベージュのメリットは、口元を作らずに自然な雰囲気を出せるところです。

今まで濃い色やラメが入ったタイプを活用していた人からすれば物足りなさを感じるでしょう。

ですがナチュラルメイクを目指すなら派手すぎる色ではなく、自然なピンクベージュを活用してみましょう。

最後になりますが、ナチュラルメイクを最大限活かすには下地が重要になります!

皆さんが日頃行っているスキンケアが、ナチュラルメイクを左右するのです!

「お化粧でどうにかなる!」と言うメイクではないので、日々のスキンケアを怠らないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする