不眠に関して

不眠とは、人によって、病気という程でもない場合と明らかに、不眠状態という場合があります。

睡眠状態が悪いと悪夢を見たりと体に良くない状態になります。

睡眠状態が悪いと、日中に興奮したり、精神状態も悪化しやすい状態となります。
睡眠できてないと翌朝、気分が悪い等、体調が優れない状態となり、不機嫌になりやすいですし、体調も優れないですし、体の神経が休まれない状態となっているので、体の不調の原因となります。

また、体調も優れないまま、仕事をすると人間関係にも影響したりと良くないことが多いです。

睡眠状態が悪いと体調がどんどん悪化してきます。知らず知らずのうちに、慢性化してきます。

不眠状態が長く続くと、精神状態も安定せずに、心身共に疲れやすい状態となります。
爆睡できない環境や熟睡できない環境では、どうしても心身が休めない状態となっていますし、心身共に不健康な状態になりやすいです。不眠は、決して放置しておけない病気の一つです。

不眠を過信したり、不眠状態を甘く見ていると、どんどん健康が悪化してきます。

知らずのうちに悪化して、気が付いた時には、マイナス思考となって、心身共に疲れた状態になってきます。

そうならないうちに不眠を解消できる専門医に診察を受診した方が適切です。不眠は、放置しておくと怖い病気です。

長期間、治療が必要となりやすい病気ですし、長期間、放置しがちです。自分に合った睡眠時間があるので、人によって睡眠時間が違いますし、一日、3,4時間で過ごせる方と、一日、8時間睡眠が必要な方がありますし、人それぞれ睡眠時間が違いますし、自分の体調の良い睡眠時間を日々、把握しておく必要性があります。

自分の睡眠時間を確保できない場合や、睡眠時間が十分であっても、心地よく眠れない状態では、体にとって、悪循環となります。体は正直ですし、睡眠状態は、自律神経とも関係が深いです。

心地良い睡眠をとってないと、何十時間寝ていても体調が悪くなる場合もあります。
睡眠には、深い睡眠と浅い睡眠の波がありますし、正常な睡眠では、その波の状態が正常です。

不眠状態になると、その波の状態が異常となります。波の状態が悪いと、正常な睡眠状態となっていないため、体の調子が悪くなる原因となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です