マスカラだけじゃない!ウォータープルーフで毎日楽々メイクオフ

あなたのメイク方法はあってる?いまさら聞けないメイクの基本手順

15年ほど前に、ウォータープルーフのマスカラが大ヒットしました。
マスカラをする女性が急激に増え、より使いやすいマスカラがどんどん登場しました。
大流行を機に、現在では定番となっていますね。
そして今、メイク売り場にはマスカラ以外にも多くのウォータープルーフのメイク道具が発売されています。
もはやマスカラだけではない、ウォータープルーフのメイク道具。
女子なら誰もが気になるこの話題を、詳しく見てみましょう。

■ウォータープルーフってどんな意味?

なんとなく「水に強い」という印象を持たせるウォータープルーフという言葉。
プルーフとは、防ぐという意味があり、「防水」という意味を持ちます。
「水に強い」「水をはじきやすい」ということで、メイク道具以外にも、電化製品などにも使われたりします。
ウォータープルーフのメイク道具も、とにかく汗や水などに強くできています。
メイクをする女性にとって、メイク崩れはなんとしても避けたいもの。
そこで登場したのが、ウォータープルーフのメイク道具です。
顔は以外と汗をかきやすいですし、雨の日には少し濡れるだけでメイク崩れが気になってしまいます。
しかし、ウォータープルーフのメイク道具ならそんな心配も無用です。
少々の汗や水ではメイクは落ちませんので、一日を快適に過ごせますね。

■ウォータープルーフのメイク道具にはどんな種類があるの?

マスカラから流行したウォータープルーフのメイク道具ですが、今ではどんなメイク道具もウォータープルーフになっています。
便利なのはファンデーションや下地などのベースメイク道具です。
暑い夏の日などは、Tゾーンや小鼻まわりなど、どうしても汗が気になります。
メイク直しができなくても、ウォータープルーフなら汗をかいてもベースメイクが崩れません。
また、マスカラはもちろんアイライナーやシャドウなども、ウォータープルーフだと安心です。
万が一涙が出てしまっても大丈夫なので、結婚式などでも広く使われています。
他にも海水浴やプールなど、夏のレジャーにもウォータープルーフが大活躍しそうですね。

■ウォータープルーフはクレンジングをしっかりと!

ウォータープルーフのメイク道具のデメリットは、クレンジングが少し手間だということです。
水やお湯で簡単に取れないことが多いので、オイルやクリームを馴染ませて丁寧にクレンジングを行う必要があります。
中にはウォータープルーフ専用のクレンジングも発売されていますので、こちらを利用するのもおすすめ。
メイクが少しでも残っていると、くすみや乾燥・シワの原因にもなりますので、必ず綺麗に落とすように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です