ただつければいいわけじゃない?香水のつけ方についてのあれこれ

%e3%81%9f%e3%81%a0%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8c%e3%81%b0%e3%81%84%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%91%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%9f%e9%a6%99%e6%b0%b4%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%91%e6%96%b9%e3%81%ab

香水は人に与える好感度をアップさせることができます。香水がきっかけで素敵な出会いに発展することもあるようです。しかし、選び方や使い方を間違えると返って迷惑をかけることにもなりかねません。そうならないためにも今回は、香水のつけ方を中心にまとめてみました。

~香水のつけ方~

香水をつける前には必ず体を清潔にすることが第一です。汗と香水が混ざることにより本来の香りが変化してしまう恐れがあります。同様に大切なことが香水は気持ち弱めにつけるくらいにとどめることです。というのも、自分では足りないかな?と思っても、予想以上に周囲には強くにおいを感じるからです。また、香水はつける部位で香り方が変わるので正しく理解しておく必要があります。まずは髪やうなじです。側面につけると自分でにおいが気になってしまうので控えるのが無難です。また、自分で香りを楽しみたいという方はももやひざにかけると良いです。程よく香りが上がってくるので全身に包まれているかのように感じます。反対に香りをつけてはいけない部分も存在します。特にNGなのが髪の毛です。髪を傷める原因になりかねません。また、わきの下も汗と交わりやすい部分なのでつけてはいけない部分です。その他、足の裏も厳禁です。においが気になる部分で香水の香りで紛らわそうとしてしまいがちですが、雑菌が繁殖した皮脂の臭いと混じり思わぬにおいとなることがあるようです。

~香水をつけすぎた場合の対処法~

香水は慣れないうちはつける量を間違えてしまいやすいです。そのような時のためにウェットティッシュを常備しておくようにしましょう。気になる部分をこすり取るだけで香りを和らげる働きがあります。

~香水の保管方法~

香水は品質が変わりやすいものです。オシャレな瓶が多いので、インテリアとして飾っておく方もいますが、直射日光を当てないように配慮する必要があります。一番良いのは引き出しなど光が当たらない部分に保管することです。また、香水瓶を直接肌に当てて使うのも保管の上では好ましくはありません。皮脂が入ってしまうと品質に影響を与えてしまうだけでなく、衛生上にも良くはないからです。

以上、香水のつけ方についてご説明しました。香水は良いものを購入して満足してしまうことがありますが、何も考えずにただつけるだけではもったいないので、自他ともに香りを楽しめるようにするためにも正しい香水のつけ方が大切です。今回の方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です