記憶力向上のために試してみたいアイデア

d653e3fba729442ae2f9120a75a54644_s_r

老化に関係する非常に恐ろしいことのひとつとして、老齢による記憶喪失が挙げられます。将来、困るかもしれない記憶喪失に対して予防策を講じたいと考えてるなら、あるいは現在、記憶力を上げる方法を探しているなら、いくつか有効なコツがありますのでここで紹介します。

まず、勉強時のストレスをなるべく減らすと、脳の働きが活性化します。ストレスのレベルが高くなると、脳は活動を停止しようとします。つまり、読んでいる内容を思い出す能力がどんどん低くなってしまうということです。緊張が高まった時には、いったん短い休憩をとりましょう。外に散歩にでかけるか、お茶を入れるのです。脳をリラックスしてスッキリした状態にしておくと、記憶力を最高の状態に保つことができます。

短時間で何もかも詰め込むように勉強するのではなく、一定の長さの時間を定期的にとって勉強するようにしましょう。さまざまな研究によって、教材の勉強に数日をかけたほうが一夜漬けで勉強するよりも効果が高いことがわかっています。ですから、テスト直前に一夜漬けをするのではなく、毎晩あるいは一日おきにでも定期的に勉強する時間をとるようにしましょう。

また、記憶力を向上させるいろいろな方法をお探しであれば、他の仲間のみなさんと協力して様々なアイデアを試してみましょう。そうすると、あなたの脳は一人で取り組む時とは異なる刺激を受けるのです。そうしたアイデアについて仲間のみなさんと話し合ってみましょう。その結果、考え方がこれまでと比べてどのように変化するのかに注目してください。

それから、記憶力向上に役立つコツとして、記憶したい事柄をいつでも必ずきちんとまとめておくことも挙げられます。これが重要なのは、きちんとまとめることによって頭の中でも情報がスムーズに整理されるからです。関連する事項をグループごとにまとめてみましょう。

また、ときどき頭の中に思い浮かんでくる風景や空間の記憶にも注意を払ってください。記憶に残っている風景や空間をうまく利用すると、学習能力が向上する可能性があります。そうした風景や空間を利用して記憶力向上の効果を引き出すためには、似たような風景の場所へ行ってみたり、その空間の特徴を再現してみたりしてみましょう。あるいは、勉強中には必ず環境音などのノイズを流しておくという方もたくさんおられます。

さらに、記憶力を上げるには、睡眠を十分にとったかどうかを確認しなくてはいけません。睡眠不足は記憶に大きな悪影響を及ぼします。睡眠時間を十分にとっていないと、日常生活において最も基本的なことまでも忘れてしまうのです。恒常的な睡眠不足が問題であれば、メラトニンのような睡眠導入剤を使うこともできるでしょう。あるいはかかりつけの医師に相談して、睡眠薬の処方を検討することもできます。

記憶術も、情報を記憶する上で大いに役に立つ方法でしょう。記憶術とは、物事をなんらかの親しみのあるイメージや言葉と結び付けて思い出しやすくする方法です。例えば、覚えたい言葉の頭文字と同じ頭文字を持つ花の名前を関連させて覚える、あるいは語呂合わせのような記憶しやすくなる韻を踏んだ文章にして覚えるのです。

この記事で紹介したとおり、記憶の改善に役立つ方法はたくさんあります。現在、あるいは将来のためにご自身の記憶力を上げたいと思われましたら、この記事のアドバイスを念頭に置いて、ぜひとも日常生活で実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です