記憶力をうまく伸ばすためのコツ

記憶力を上げたいと思ったことがあるでしょうか? 記憶力を向上させる方法について、これまで色々なことがたくさん書かれてきました。食事や脳のエクササイズについてもたくさんのアドバイスが見つかります。さらに、頭脳のキレを保つために日常生活で色々な活動に取り組むこともできるでしょう。この記事では、いくつかのアドバイスについて書きました。

まず、すぐれた学習方法、あるいは記憶方法として、慣れ親しんだ事柄と関連付ける、すなわち「つなげる」ことが挙げられます。たとえば新しい単語を覚えようとしているのであれば、単語のとなりに意味を書いて、さらにその単語と強力に結びついており、思い出すきっかけとなる物事、人物、映画、出来事などの事柄を書き出すのです。例えば「generous」という単語を覚えるのであれば、例えば”My generous Aunt Betty gives great gifts. “のように、例文の中にいつもプレゼントをくれる親戚のBettyおばさんを含めて、さらにその隣に『generous は「気前がいい」という意味』と書き出します。

いつでも脳をきたえましょう。そして、記憶力向上の必要を感じている場面において役に立つ活動について考えましょう。すでにわかっていることをくり返しても意味がありませんし、それで脳細胞間に新たな結合ができるわけでもありません。決まりきった日常から脱して、新しい方法で毎日の用事をこなすことができないか考えてみましょう。さらに、目新しくて面白い、そして挑戦となる活動を選んで取り組んでみるのです。

長い数字の羅列や数列をしっかりと覚えたいのであれば、その中に含まれるパターンを見つけだしておくと思い出しやすくなります。いったん数字や数列に含まれるパターンを発見すれば、それをもとにして必要な時に思い出したり、並べなおしたりすることができるでしょう。

スケジュール帳や日誌を活用して、日常生活をうまく整理しましょう。思ったことやアイデア、約束、そしてやらなければいけないことを一か所にまとめることでそれらを思い出しやすくなります。物事を記録しておくには、電子手帳からカレンダーまでなんでも使うことができます。書かれた内容を声に出して読み上げることも、思い出すための助けとなるでしょう。

また、日常生活におけるストレスの量をコントロールしてみてください。ストレスは脳の天敵です。長期にわたってストレスにさらされることで、脳細胞は破壊されます。新たな記憶を作り出し、昔の記憶をよみがえらせる能力も長期のストレスによって弱ってしまいます。瞑想をすることも、日常におけるストレスの量を減らすための方法のひとつです。

また、自分の記憶力について考える時にはなるべくポジティブな見方をしましょう。記憶力が悪いと思い込んでしまうと、本当にそうなってしまいかねません。実際に物事を思い出そうとする時に、つらい思いをすることになってしまいます。物事をちゃんと思い出したら、自分に褒美をあげましょう。そうすれば、すぐに記憶力の向上を感じられるようになるはずです。

俳優さんや女優さんが本番前に練習をする時のように、覚えたことをくり返してやってみるのは記憶力向上の素晴らしい方法です。一問一答形式の問題を声に出してやってみると、情報が頭に入ってきやすくなるでしょうし、時間がたっても記憶が定着しやすくなります。これは、総合的な記憶力を向上させるための素晴らしい方法です。

こうしたアドバイスの多くは、すぐに取り組める簡単なことだと思われるかもしれません。しかし、実際にやってみて習慣づけなくてはうまくいきません。まずはこれらの方法を試してみて、それからどれが自分に合っているかを探してみてください。それから、やってみて効果が実感できたテクニックを生活の中に組み込んでしまうのです。これからも記憶力を向上させる方法を探し続けてください。そうすればきっと、すぐに記憶力の向上を生活の中で実感できるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です