あなたのメイク方法はあってる?いまさら聞けないメイクの基本手順

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%81%a7%e6%af%8e

メイクは女性にとって毎日のことです。ですが、人によって手順が異なり、いまいち初心者にとってはどうしたらよいのかわかりづらいこともあります。今回は、メイク初心者のためにベースメイクから口紅の塗り方まで、メイクの手順をご紹介します。

~①ベースメイク~

化粧水を顔全体に塗り終わったら、化粧水よりも少なめに乳液を塗ります。続いて、下地クリームを塗ります。少量を指にとって額、頬、鼻筋、口元にそれぞれつけ、顔全体に指の腹で伸ばしていきましょう。気になる部分はコンシーラーでカバーします。目元などは皮膚が薄いので、乾燥しやすいとされています。そのため、目元にはクリーム系のコンシーラーを使用するなど工夫すると良いでしょう。

その後、ファンデーションを塗っていきます。初心者はナチュラルなパウダーファンデーションが、ムラができにくくおすすめです。スポンジにパウダーをつけ、頬、まぶた、額、口元を内側から外側に塗るイメージで化粧をしていきます。

~②アイメイク~

ビューラーでまつ毛の根元をはさみ、顎を引くことで自然なカールをつけていきます。その後、まつ毛にマスカラを塗っていきます。マスカラ液の量をつけすぎた場合はティッシュで調整しましょう。アイシャドウはまぶたの上をスーッと横に移動させるイメージでなぞります。時々目をあけて色合いを確認するようにしましょう。最後に、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにしてアイライナーを引いて完成です。

~③チーク~

チークをブラシにとり、ティッシュで余計な粉を取ります。横長の楕円を描くようにむらなく塗っていきます。チークの位置は黒目の真下のラインで、鼻の先端より少し高めの部分です。途中でチークの粉を足さないようにすることで不自然な印象を防げるので覚えておきましょう。一度で粉の量を把握できるようになればベストです。

~④口紅~

口紅はリップブラシが、塗り過ぎを抑えることができ、初心者には使いやすいとされています。手順としては、リップブラシの両側に口紅を付け、口角から唇の中心に塗っていきます。上下ともに塗り終えたら口を軽く結び、色をなじませましょう。塗り過ぎた場合はティッシュで軽くふき取ればOKです。

いかがでしたか。メイクの手順は意外にも多く、混乱してしまいがちの方もいるかもしれません。ただ、今回紹介したのはあくまで基本です。慣れて来たらメイクの順番や使用する道具を変化させてみるとより個性が引き立つメイクをすることも可能です。忙しい女性は必要ないメイクを抜いて時間短縮をしても良いでしょう。自分なりのメイク方法を見出してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です